機械翻訳について

 インターネットでは各種辞書の他、web翻訳というサービスもあり、単語単位だけでなく文章まるごとを各種外国語同士あるいは日本語へと変換してくれて一見便利そうにも見えます。実際利用者は大変多いようで、質疑掲示板で英和や和英の質問が出ると決まってそういうweb翻訳の結果を丸投げして回答する者がいたり、便利だからと使用を勧める投稿があります。

 しかし結論から先にいいますと現在のところ、使用に耐えるweb翻訳はまだ存在しません。それが文法構造の近い西洋言語同士の変換などではまだ利用価値が高いようなのですが、構造的に非常にかけ離れた日本語と英語では、和英、英和のいずれに用いてもまったく意味を成さない結果を返してくることが珍しくありません。オンラインの辞書などを使って単語の意味を調べつつ、文法的な解釈は人間によって行うのであれば「調べてみた」ともいえますが、機械翻訳にかけてみることを指して「調べた」とは言えません。まして意味を成さない和訳や英訳の結果を検証もせず、自分なりの修正を加えてみることさえ しないとすると、そういう機械翻訳に頼ることは多くの弊害と危険性をはらんでいます。少なくとも英語学習者として実技の向上を目指す方は使用を控えることを強くお勧めします。

machine translation

 機械翻訳もいまだ開発途上であり、今後さらに開発が進めばもっと使いやすいものになってくることは間違いありません。しかし、無料で使えるwebアプリケーションとしてどこまで高機能を期待できるかは疑問です。

 最近のweb翻訳に限らず、ずっと以前から大変高価なソフトとして自動翻訳システムは存在しました。そしてそういうソフトを利用していたのは「英語の分かる人」たちだったのです。自分でも辞書を引いて英文の解釈ができたり、日本語から英語への翻訳もできるような人たちがなぜさらにそういう機械翻訳を使用したのかと言いますと、たとえば医学や工業など特定の専門分野の書籍の翻訳などで、専門用語の訳語を文書全体を通して一定化させたり、文体の統一を図るなどの主に「編集目的」として活用されました。そういうソフトを適切に使うためには、利用者側にも多くの知識や技術が要求され、英文であれ ば「コンマやピリオドなどのあとには必ずスペースを入れる」などの適切な句読点の使い方を守ったり、大文字・小文字を厳密に使い分けるなど様々な約束事を守る必要があります。これはweb翻訳でも同様であり、コンマやピリオドのあとにスペースを入れるという正書法を守らないで書かれた英文はプログラム側が正しく解析できません

 たとえば「I woke up.It was cloudy.」という文でさえピリオドのあとにスペースを入れずに翻訳させてみると「私はup.Itは曇っていた目が覚めた。」という意味不明な結果を返してきます。これはピリオドのあとにスペースがないことで「up.It」を1語として認識した結果です。

 このように文章を書く上での決まりごとを正しく守っていないとそれだけで意味不明な翻訳結果となってしまいます。また日本語は前後関係から明白なときは主語を示さないのが普通ですが、主語のない日本文を英訳すると、文脈判断ということができないため、これも信頼性に著しく欠ける結果となります。

 英語そのものをよく理解している人であれば、原文と照らし合わせて誤訳箇所を手作業で修正できます。製品版の自動翻訳システムは利用者がそのような手作業で誤訳の修正や不自然な言い回しの訂正などを行いながらプログラムに学習させながら使用したのです。多義語が含まれている文章などでは単語をクリックして表示される多くの意味から適切なものを選ぶなどもしながら、徐々にその文書の翻訳結果の精度を上げ、最後にまるごと人間の手で自然な言葉に書き直すという手順を踏みました。

 1冊の書物など作業量が多くて、様々な用語を常に一定の訳語で統一しなければならないなど、出版上の制約の中で作業する上では便利なところも事実あるのです。ソフト自体が何十万円もする高価なものであり、それを業務として常用する人でなければ手の出るものではありません。そういうソフトの「ごく簡単な機能だけ」を無料で公開しているのが、web翻訳です。

 web翻訳も進歩してきており、中には「です・ます体」と「だ・である体」から翻訳結果の文体を選べたり、結果としても1つだけでなく数種類の翻訳例を提示してくれたりするものさえあります。また入力された文章に近い表現を含む他の例文をインターネット上の例文集から検索して参考として示してくれるなど、機械翻訳の不正確さや不十分さを補う工夫がなされるようになってきましたので、ひところの「おおみそか」を「Oh is that miso?(「おお、味噌か?」と解釈)」と返してきたようなひどい状況ではもうないようです。

omisoka

 それでもweb翻訳は、内部アルゴリズム(プログラムの仕組)そのものがどこまで行っても不完全さから脱却できるものではありません。どうしても使いたい場合は、「うまく翻訳されやすい文章」というものを入力する必要があり、そういうコツが分かる人というのはそもそも機械翻訳に頼らなくても自力で自然な翻訳ができる力を持っているものです。機械が人間の思考をシミュレートして自然な言語を生み出すだけの能力は今後もまだまだ期待はできないように思えます。少なくとも人間でなければできないタイプの翻訳は多くあり、今後どこまで機械翻訳が進歩しても職業翻訳家が失業する心配はなさそうです。

 なおweb翻訳以外にも、文法チェッカーというものもあり、こちらは入力した英文が文法的に適切かだけをチェックしてくれます。これも試してみましたが、自動翻訳ほどではないにせよ、まだ多くの改善すべき点が残されているようです。明らかに間違った英文を正しいと判断してきたという実例報告もちらほら聞きます。

 ワープロなどの付属機能としてあるスペルチェッカー。これは是非利用してください。英単語として存在しないスペルをタイピングするとその単語が赤くなって確認を求めてきたり、多少の文法チェックもしてくれます。英単語として辞書になくても日本人の人名など「それでただしい」というスペルを勝手に修正したりはしませんので、最低限のうっかりミススペリングを防止する目的としては大変価値が高いでしょう。ビジネスメールなどでは送信する前に一度スペルチェッカーをかけるのが普通です。私自身、翻訳の仕事もしていますが、自分が書いた英文に不注意なミススペリングがないか、必ずスペルチェッカーをかけて確認しています。


inserted by FC2 system